Doctors blog:いぬい先生のつれづれ日記

記事一覧

  • 2010年09月04日(土)

ついでに多度津町近辺へ

アップロードファイル 230-1.jpgアップロードファイル 230-2.jpgアップロードファイル 230-3.jpg

喫茶店を後にして、お昼ご飯を探しに近辺をぶらり観光してきました。
津島神社にも立ち寄りましたが、初めて行ったので神社と陸の架け橋がこんなことになっていると走りませんでした。 年に何回かしかわたれないとは聞いていたのですが。http://www.tsushima-jinja.com/
これからの乾一家の健康を祈願して神社を後にしました。
そのあと、三野町の道の駅(http://www.main.or.jp/iyadani/)で昼食を食べました。
隣接する広場でひとしきり遊びましたが、温泉施設もあり、なかなかの観光スポットでした。
このごろの道の駅の充実振りには驚かされます。
温泉には、つかりませんでしたが、パーク内の乗り物に家族で乗りました。 みかん畑にあるモノレールみたいなのですが、結構楽しめました。
近場の道の駅を探索するのもいいですね。

  • 2010年09月03日(金)

夏休み最後の日曜日

アップロードファイル 229-1.jpgアップロードファイル 229-2.jpgアップロードファイル 229-3.jpg

休みなのかなんなのか働いている人間には実感が無いですが、幼稚園に通う長男にとっては最後の夏休みで、最後の日曜日でした。
予定していたことがキャンセルになったので、一日家族と一緒でした。
 特に予定を入れていたわけではなかったのですが、スタッフの一人のご両親が退職後の第二の人生をスタートさせるべく、喫茶店を9月から開店されるとのことでした。 土日にプレオープンをすると聞いていたので、行って見ることにしました。
 多度津町の海の見える丘で、お父さんが、何年も前から準備をされていた農園も見せていただき景色も最高のお店でした。  退職してからの生活を真剣に考えていたからこそ、夢が実現できるのだろうと思います。 その意志と実行力には脱帽です。  私の実家の近所でも、昔仕事を退職された方がいましたが、その方はボーイスカウトでご一緒していたお父さんなのですが、凄く活発でダンディーな方でした。 大学生のとき帰省していたら初老のおじいさんがとぼとぼ散歩していました。 なんだか犬に見覚えがあったので、母に尋ねるとまさにその方でした。 退職してからきゅうに老けはってねー・・・。
その後再就職してなんか元に戻っていたのですが、退職して何もすることが無く無為に時間を過ごすといけないのだなーと思います。
 ともあれ、スタッフのご両親は、夫婦でいいスタートを切られたのではないかと思います。
 僕も一生歯医者と言いたいところですが、どこかで切り替えの人生を進むか、仕事量を調整して没頭できる趣味を見つけなければと思います。

紹介させていただいたお店は、近日中に名刺サイズの案内状を病院に置きますので、興味のある方はスタッフまでお申し付けくださいね。

  • 2010年08月31日(火)

またまた飛行場

アップロードファイル 228-1.jpgアップロードファイル 228-2.jpgアップロードファイル 228-3.jpg

夏休みも終わりですが、私にとっては何の変化もありません。
ただお盆休みがまとまった休みなので一区切りと、年末に向けての充電期間です。
しかし子供たちには長い休みで、うちに来るお子さんの患者さんのお母さんと話していると、早く新学期になって欲しいと口を揃えます。
父親として特にかまってやれていない罪悪感から息子のリクエストというか思いつきでまたまた、飛行場に出かけました。 長男は、飛行機に乗ったことが無いのですが、飛行機が好きみたいです。 次男がもう少し大きくなったら、ディズニーランドにでも連れて行ってやりたいと思っています。
 そんなこんなで夕方の4時に到着ひとしきり発着を見ていると、ヘリコプターの離陸のおまけつきでした。
 暑い中JALのスタッフのお見送りをみて、がんばって欲しいと思う反面、私たち日本人のサービス過剰?はいかがなものかと思ってしまいました。日本がゆがんできたのには、マスコミの影響が大きいのではないかと思います。マスコミを利用する人、踊らされる人が多いのかもしれませんね。

  • 2010年08月31日(火)

早起き

アップロードファイル 227-1.jpgアップロードファイル 227-2.jpgアップロードファイル 227-3.jpg

このごろ、早起きしています。
きっかけは色々ありました。
いつも行きつけの散髪屋さんで自分の時間について話していました。
その方も私と同じで、お子さんが2人いて、仕事と、子育ての手伝いとでなかなか時間が取れないとのことでした。
夜更かしすると、次の日の仕事がつらくなるし、かといってストレスがたまる一方では、やってられないと思っていました。
全て丸く治める方法は無いものかと考えていました。  その方は朝早く起きているとのことで、朝5時におきて読書をしているとのことでした。
そこで、この夏中朝起きにチャレンジして、日曜日には、近くのゴルフ場で早朝ゴルフを楽しんで見ました。
これが結構いけるんです。 パブリックなので、値段も安いしすいてるし一人出回れるし、いい汗かくし爽快でした。
朝の時間というのは結構貴重なことに気づきました。 仕事の日は6時に起きて植栽の水遣りと掃除をしてみました。 僕にしては結構続いています。
しかし、この辺は畑が多いせいか、5時でもたくさん人を見かけます。 お昼よりも人通りが多い気がします。
朝起きは三文の徳と言いますが、近所の人や、患者さんからお声をかけてもらうこともありすがすがしいものですね。
これからもできるだけ続けていこうと思います。

  • 2010年08月09日(月)

男2人で

アップロードファイル 226-1.jpgアップロードファイル 226-2.jpgアップロードファイル 226-3.jpg

昨日は次男と2人きりだったので、2人で美術館に行ってきました。
と言っても次男は、1歳半程度なので、美術に興味があるわけでもなく子守をしなければいけない父親としては、涼しくて、安全で、人ごみの少ないところという考えからはじき出された結果でした。
 当初男三人でお留守番の予定でしたが、兄弟の年齢が少し離れているので、一緒に子守する自信が無いので、今回は長男を両親に預けました。
 妻は、半年以上ぶりに美容院へ出かけました。 申し訳なく思っていたので少し肩の荷が下りました。  僕も早く散髪に行きたいです。
 丁度、瀬戸内国際芸術祭連携事業の催しを東山魁夷美術館で行われていたので、久しぶりに行ってみました。  ここの美術館は、有名な建築家が設計して、うちの病院を建ててくれた坂出土建さんが、実質建築されたところなので、少し思い入れがありました。
 佇まいシンプルですが、そんなに主張せず周りと溶け込んでいるように感じます。
 展示物はそんなに多くされず、建物と、展示物両方を鑑賞するように感じます。
 アーティストは、千住 博さんという方で、現代アートなのでしょうか、何とも涼しそうな作品でした。 素人の感想なので興味がある方は、ご自身の目で確認してきてください。 ちなみに息子の反応は、「怖い、怖い」とのことでした。ざっと鑑賞して、館内の喫茶室でオレンジジュースを2人で分けて帰りました。  たまには芸術にふれるのはいいことですね。  その後は、夕方まで2人で過ごしました。
 家に帰るとすぐに寝てくれて3時間ぐらい熟睡してくれたので助かりましたが、時によれば1時間しか寝ないことがあるので、起きてくれば何もできないし・・・
 子育ては大変です。  ひと時も気が抜けませんね。  
 夕方妻のさっぱりした顔を見て、少しほっとしました。 毎日こんなちびさんを相手にすると大変だと思います。   少し奥さん孝行がで来たと勝手に満足しました。
 

  • 2010年07月20日(火)

金比羅写真3

アップロードファイル 225-1.jpgアップロードファイル 225-2.jpgアップロードファイル 225-3.jpg

しゃれたレストランは、資生堂パーラーの姉妹店でした。
 建物もなかなかおしゃれで、金比羅山にあって少し異質な感じもしますが、自然に溶け込んでいて緑を眺めながらランチなんかよさそうでした。

  • 2010年07月20日(火)

海の日写真2

アップロードファイル 224-1.jpgアップロードファイル 224-2.jpgアップロードファイル 224-3.jpg

これといったお土産も思いつかなかったので、義父には日本酒、妻には石屋さんがあったので、青い石のネックレスを購入しました。 宝石といえば敷居が高いですが、パワーストーンと書いてあったので買いやすかったです。 息子も色んな石すくい取り1回420円にチャレンジして帰りの車中で、色々見せてくれました。

  • 2010年07月20日(火)

海の日1

アップロードファイル 223-1.jpgアップロードファイル 223-2.jpgアップロードファイル 223-3.jpg

海の日の連休は、世の中では三連休ですが、病院は二連休です。
一日目は、ほとんど外にもであるかずダラダラしていました。 子供は元気が有り余って家の中で大はしゃぎでした。
次の日連休最終日これではいかんと思い立ち、長男をつれてどこかに行かなくてはと考えました。  私には有給が無いので(病院を閉めればいいのですが、連休初日に困っている人のことを考えると・・)夏の思い出を何とか作ろうと思い立ちました。
 次男は少し風邪気味だったので、外には出歩かせたくないとの事で二人で出かけられるところを考えていました。
さてどこに出かけるか、どこ行っても人が多いだろうと考えると、何も計画を立てていなかったので後ろ向き名考えになってしまいます。
 この暑さであまり人が出歩かない屋外で、いい汗を流せる場所で、あまり疲れすぎないとこ・・・。
先日子供の遠足で金比羅山に蹴鞠を見に行ったことを思い出しました。 私は香川にきて一度も金比羅山に行ったことがなかったので、もう一度行くか?ときいてみました。
案外息子の了解を得て、水筒を持って帽子を被り出発しました。 あまり地理的な事を分かっていなかったので、小一時間ぐらい山道を走っていくトコかなと、想像していたのでナビで入力すると空港に行くぐらいで着くので、電話で妻に確認すると、香川は狭いからこんなものよと返答が帰ってきました。
手じかに観光地があると便利です。 思い立って出発するまで30分うちを出たのが9時過ぎとなかなかのスタートです。  貞光線を南下していくと日の出製麺所の駐車場はいっぱいになっていました。 そうこうしていると琴平に到着です。 町営駐車場に車を止め首にはタオルを巻いて(暑い日向を歩くときよく私の母が首にタオルを巻いてくれたのを思い出しました。)、帽子を被って出発です。 駐車場を出ようとした時、ゲートのおじさんが、地図もって行きと一枚くれました。 無計画だったので地図なんて持っていなかった私にはとてもありがたかったです。  世の中何とかなるもんですね。 駐車場のおじさん有難うと思いながら、階段に向かいました。
 金比羅山は階段が多いとは聞いていました。 子供に何段ぐらいあるのか訪ねると一万段あったらどうする?と・・・。 しつこく聞くと位が段々上がってきます。 これは何段か覚えていないなと思い、まあ幼稚園児でも上れるくらいだから大したことはないだろうと高をくくっていました。
 100段目まではすいすいと行きましたが、段々傾斜が急になってきます。途中に門が何個かあって、もう着くかもう着くかと子供に聞いていましたが、最初元気だった息子も段々無口になってきました。結局680段近くあり少しひざが笑っていました。
途中こじゃれたレストランを発見してすかさず休憩しましたが、結構きつい往路でありました。
 本宮に着くと丁度ご祈祷をしていました。私も頼もうかと思いましたが、一時間まちとのことであきらめました。 お守りと、お札と、おみくじをして復路につきます。
山道は登りより下りに気をつけなければいけませんが、子供は単純にくだりはらくだと言ってひょいひょい降りていきます。 下に下りると玩具や、カキ氷お菓子のお店に入りたがります。 仕方なくかき氷だけ食べましたが、お店の中が、クーラーガンガン冷えていて、入って一分でホットコーヒーが飲みたくなりました。 空調も飲食店では考えなければと思いました。 カキ氷は二人とも完食できませんでした。
安近短にはぴったりの観光地でした。 また行きたいと思います。


 

  • 2010年07月16日(金)

夕涼み会

アップロードファイル 222-1.jpgアップロードファイル 222-2.jpg

先週の金曜日、診療を早くお休みさせていただいて、息子の幼稚園の夕涼み会に出かけました。
 今年が最後の夕涼み会なので、息子も私が来るのを楽しみにしていたみたいです。
 幼稚園のイベントごとは、土曜か平日にあるので、めったに参加できません。 歯科医院は今ではほとんど土曜日も開けているので、世の中で言う週休二日にはなっていません(とくに院長は・・・)。
9時5時の職場にあこがれますね。
 夕涼み会にはバザーがあったり、子供たちが楽しむイベントがあり、なかなか楽しそうです。幼稚園の先生や、父兄さんのおかげで子供たちも楽しそうでした。
 夫婦共働きで、下には1歳半の子供がいるので、えり先生は、趣味に費やす時間も無く不自由をかけていますが(私も定期的に趣味などに掛ける時間は無いのですが)、もう少し工夫して夫婦と子供共通の時間を作るように考えなければと思いました。

  • 2010年07月12日(月)

学会話

昨日えり先生が、行っていたのは、やはり鳥取でした。
 学会にも全国的なものと地方的なものがあります。 必然地方大会のほうが、知った顔が多いみたいです。
 同期の人たちと、近況報告や、別の地域にいった人の話をしてきたりと、まあいい気分転換になったのではないかと思っていたら、帰りの特急列車のゆれにやられて、少しグロッキー気味でした。
 そんな話の中で、うちのブログを同期の先生のお兄さんが見てるよと教えてもらいました。
 ブログを見てベイブレードを買ったとの事で、子を持つ親として少し嬉しくなりました。
 筆不精なので、双方向のブログにしていませんが(たぶん、ホームページを作ってくれた方が、僕の性格を把握していたのかもしれませんが・・・)、結構歯科関係の方が見てくれているんだなと感じました。
 専門的な歯科のことを書いても仕方ないのでもっぱら父親目線で書いていこうかと思います。

いぬい歯科えり矯正歯科