Doctors blog:いぬい先生のつれづれ日記

記事一覧

  • 2008年02月23日(土)

研修会の合間に


 先日の研修会の合間、スタッフが第二の課題に取り組んでいる間に、久しぶりに自分の父親とクラブラウンジでお酒をともにしていました。さすがに9時くらいになると他の宿泊客も部屋に戻ってしまい、残っているのはパソコンとにらめっこするビジネスマンや、数組のカップルくらいで落ち着いて昔話やこれからのことを話していました。
 父は根っからのサラリーマンでしたから、考え方も保守的で、時々意見の食い違いを起こします。ただ自分がしている行動を振り返ると大きく間違いを起こさないのは、父のおかげかなとも思います。
 時代が違い、このごろの世の中を見ると、上下関係、友達家族など何か物事を履き違えている方が多いのではないかと思うときがあります。やはり考えが古いのかなと自分も思うのですが、父と話していると自分の生き方は、そんなに悪いものではないのかなと確認しながら、酔っ払ってしまいました。
 なんにせよ両親に感謝、家族に感謝、スタッフに感謝、患者様に感謝する心を忘れないようにして行こうと思います。

  • 2008年02月22日(金)

医院研修旅行1日目

アップロードファイル 79.jpg

 遅くなりましたが研修旅行の報告を。(2月10日分です)
 
 今回の研修の目的は、「治療に関する知識の習得」「ミーティング」「サービスを見直すこと」でした。サービスといえば、ホテル。定評のあるホテルといえば「ザ・リッツ・カールトン大阪」。ということで、大阪のリッツ・カールトンでクラブフロアを体験してみました。単に高級ホテルに泊まるというのもあさはかなもので、どんなコンセプトを持っているのか調べた上で決めてみました。外資系のホテルですが、もてなしの精神は日本の温泉旅館を参考にしているようで、さりげない心配りが心地よいです。高級感あふれるホテル内は、まさに非日常を味わえます。
クラブラウンジでチェックイン後、軽くお茶をいただき、旅の疲れを癒します。そして部屋に入ると、「サプライズ課題」が用意されていて、それをこなすというスタイルにしてみました。ほんの遊び心をだして課題をカードにしただけでしたが、スタッフはすごく真剣に取り組んでくれました。部屋から一歩も出ずに診療知識に関するDVDを見たり、課題をレポート用紙にまとめたりと、夕食間際まで必死だったようです。
 それを聞いた時には、さすがにちょっと悪いと思いました。なぜならホテルのサービスを味わって欲しかったからです。自分の医院のスタッフを褒めるのも照れくさいものですが、患者さんに対して、日々あらゆる面で気を遣ってくれています。だから、自分を大切にしてもらえるのがどんなに嬉しいかを感じてもらい、それを診療に活かしてもらうつもりでした。まあ、こんな意図があったわけですが、極上のサービスはどこへやらという感じですね。とりあえず、夕食で乾杯といきましょうか。

  • 2008年02月21日(木)

寝台特急デビュー & 講習会(実習)

アップロードファイル 78.jpg

 2月17日(日)は、東京で講習会でした。16日の夜、寝台特急で出発しました。僕は3回目ですが、副院長のえり先生は初めてでした。コンビニでおやつを買い込んで、半分修学旅行気分でしたが、えり先生は眠れるかどうか心配そうです。朝、東京に到着して感想を聞くと「ビミョー。」とのこと。時々、目が覚めたようです。
 到着後、東京駅構内で実習に備えて、中華のモーニングを、しっかりといただきました。朝から中華とは、お互いすごい胃袋だと思いながら、たいらげました。それから、その足で会場に。1時間以上早く到着しました。そのおかげで講師の先生とテーブルを囲んで座談会。なんとラッキーなこと。
 そして、午前中はじっくりと実習。インストラクターの先生と3人で、お互いの手技を見直してゆきました。他人同士だとオブラートに包んで表現する事でも、僕たち夫婦だとズバズバとコメントを言えるので、インストラクターの先生も細かいアドバイスを沢山してくださいました。技術の習得、知識の整理と充実した実習でした。おまけに実習が終わると、腹ペコです。
 午後は、班に分かれて症例の検討会です。まず驚いたのが、実習コースなのにオブザーバーの先生の多いこと。非常に奥深い理論なので、こうやって少しでも多くこの理論に触れ、症例に触れ、理解していかなければならないのでしょう。
 睡眠不足もなんその。脳が活性化したままの一日でした。おかげで帰りの新幹線はぐったりでした。
 
 ということで、研修旅行の報告は後日にします。

  • 2008年02月12日(火)

お手紙

アップロードファイル 77.jpg

 先日治療に来ているお子様から、お手紙を頂きました。  もらう方も慣れていないせいか、少し照れくさかったです。  すぐに開封して読む勇気が無かったくらいです。 お手紙には、有難うと書かれていました。 がんばって書いてくれたんだなーと思うと、すごく感激して妻にも後で自慢してしまいました。
 患者様から口頭でよく耳にする言葉も、文章で頂くとまた違った喜びを感じます。
 しかし、患者様から「有難う」と耳にすることに関して、慣れてしまっているもしくは、当然と思っているのではないかと自問自答し、自分が何か勘違いをしているのではないかと思ってしまいました。
 医者だから当然というおごりを捨て、謙虚な態度で診療に臨んで行こうと思う、一通のありがたいお手紙でした。
 
 研修旅行記は後日にします。

  • 2008年02月09日(土)

医院研修旅行


 明日から一泊二日で医院研修を兼ねた研修旅行に行きます。
 観光も考えていたのですが、開院3年目になり医院の体制がマンネリ化して、患者様へのサービスを一度振り返ってみる必要があるのではないかと常々思っていました。
 スタッフ共々今の現状に満足せず前向きに勉強して行こうと思います。
 だけど少しは、寛ぐ時間も必要なので楽しみにしています。
 

  • 2008年01月15日(火)

山田歯科医院研修会2

アップロードファイル 75.jpg

とても美味しかったカニ料理の写真です。

  • 2008年01月15日(火)

山田歯科医院研修会

アップロードファイル 74.jpg

先日の連休を利用して、同級生の歯科医院で研修会をしました。 山田先生は、昨年の6月地元の兵庫県で開業しました。 学生時代はラグビーをしていましたが、とても温厚で、優しい先生です。  僕たちが泊まった宿でも、従業員の方が、優しくて感じのいい先生ですねと絶賛していました。
 学生時代の人柄を知っているものにとっては、当然かなとも思いましたが、きっと地域の人に愛されるいい医院になるんだと思います。
 山田先生の地元は、香住というところで、すぐ近くに漁港がある知る人ぞ知るかにの名産地です。 
 先生の案内で、夕ご飯は、カニ料理を堪能しました。
 持つべきものは名物がある友人だなとつくづく思いました。 今まで食べたことのない美味しいカニがリーズナブルに食べれてみんな大満足でした。
 ただ先生に聞くと、忘年会、新年会は、カニ料理以外がほとんどだそうです。
 なんだかうらやましいのかうらやましくないのか複雑な気持ちでした。
 その夜は、深夜までみなと語っていましたが、職業柄もっぱら、歯科に関する話と、経営の話が中心で、後は、他の同級生が今どうしているかなどでした。
 みんなと色々話して、将来の展望なんかを話し合って、久しぶりにリフレッシュできた研修旅行でした。
 
 

  • 2007年12月29日(土)

親知らずDAY


 今日は午前中で診療を終了する予定でした。でも、「どうしても。」という人のために、昼から少し診療をすることにしました。大掃除も終わったし、そろそろ病院を閉めようかとすると、立て続けにに親知らずが痛いと駆け込まれてきました。
 時期が時期だけに、皆さん必死なんだなと思いました。数年前に嘔吐下痢と高熱にうなされ、開いてる病院がないか、必死でタウンページを調べ病院に駆け込んだことをふと思い出しました。後がない焦りと、体のつらさの狭間で大変でした。
 さて、多分これで今年最後の日記になると思いますが、日記を読んでくれてる皆さんは、今年はどんな一年でしたか?僕は、色々考えながら、色々な事をあたためてきた一年でした。来年は、それを準備・実行する一年だと思っています。年男(子年)、がんばります。

  • 2007年12月22日(土)

戦場


クリスマス連休の前日なので、今日はまさに野戦場状態でした。 鳴り響く電話、走り回るスタッフ、受付もいっぱいいっぱいやっと終わってひと段落。
 このごろ思うのは、皆さん仕事が終わるのが遅いように思います。 基本的に予約制なので時間どうりに処置を進めますが、六時を過ぎたところから、カルテがたまり始めます。
 ここで焦ってしまうと、処置が雑になるのであせらず勝つ迅速に進めていきます(少し無理がありますが・・・)
 レジン充填などは、衛生士さんもできるのですが、基本的には、自分でしてしまいます。もっと仕事を割り振ればよいのですが、凝り性はダメですね。
 連休前なので、骨の中に埋まった親知らずを抜いて欲しいと最後の最後で予約を入れていたのでがんばって抜きましたが、悪くなる前に来て欲しいとせつに思います。
 忙しいのがいいことなのか、世の中がおかしいのか分かりませんが自分も含めて働きすぎではないかと思う一日でした。
 

  • 2007年12月13日(木)

忘年会


 昨日坂出市歯科医師会の忘年会がありました。
滅多に飲みに行かないので、久しぶりにお酒が飲めて、美味しいものを食べて、ビンゴの景品がデジカメで、忘年会を堪能しました。
 近隣の先生方と情報交換(もっぱら講習会関係の話です)をしていると、自分も大概いろんな講習会に出席してると思ったのですが、皆さんもすごく勉強していて、自分もまだまだだなと痛感しました。ただアルコールの力で落ち込まずにすみましたが。
 話していて思ったことは、競争も大事だけど、切磋琢磨の精神のほうが大切だし、お互い刺激しあえば、そのまま患者さんに還元できてみんな幸せになれるのではないか・・・。
 堅い話は置いておいて、うちのホームページを見てくれていた先生が、なかなかいいホームページだねとほめてくれました。結構嬉しかったです。
 ちなみのこのホームページは、
田中通信工業株式会社 ITネットワークチームで作成してもらいました。 
 とても楽しい忘年会でした。
 

いぬい歯科えり矯正歯科