Doctors blog:いぬい先生のつれづれ日記

記事一覧

  • 2012年12月05日(水)

神戸散策

アップロードファイル 300-1.jpgアップロードファイル 300-2.jpgアップロードファイル 300-3.jpg

 しまじろうのクリスマスなるショーのチケットが当たったので神戸の文化会館に行ってきました。  小一時間のショーなのと、後ろのほうの席だったのでいまいち盛り上がりに欠けすぐに終了してしまいました。  いろいろ行きたかったのですがあいにくの小雨が降っていたので、以前から気になっていた新神戸駅近くのロープウェイに乗ることにしました。  ちょうど紅葉シーズンなのでとてもきれいに色づいています。  子供もロープウェイは生まれて初めてだったので、きょう何が楽しかったのと聞くと、ロープウェイと即答でした。 結構スリリングなのと空中散歩の両方が楽しめましたし、終点の広場には植物園や、ハーブ園なんかもあり結構充実していました。  ちょっとした山登り気分も味わえるのでお手軽観光にはいいかもしれませんね。  

  • 2012年12月05日(水)

またまた魚釣り

アップロードファイル 299-1.jpg

いつもの港で魚釣り。
いつになったら元が取れるのかわかりません。

  • 2012年12月05日(水)

水上バス

アップロードファイル 298-1.jpgアップロードファイル 298-2.jpgアップロードファイル 298-3.jpg

梅田近辺で働いていたのに、水上バスには一度も乗ったことがありませんでした。 そのうち乗るかと思いながら大阪を離れたので機会を逸してしまいました。 積年の希望を家族に伝えみんなで乗船しました。  中の島近辺までの往復観光コースを選びました。
連休ということもあり、臨時便が出ていたので割とゆったりとしています。  乗船前にドーナツとコーヒーを仕入れいざ出発です。  大阪城公園を出発し中の島まで約1時間ぐらいの船旅ですが、ほとんど揺れず結構快適なのと、大阪のイメージ的に川が匂うのではないかと心配していましたが、全く問題はありませんでした。 中の島には、公会堂などの歴史的な建造物もあり、先端部には芝生の敷き詰められた公園もありきれいに整備されていました。  しかし昔と違って高層マンションが結構立ってきたのにはびっくりします。 生活圏が変わってきたのか、都市に人が集まってきたのかドーナツ化現象はどうなったのかなとふと疑問に思いました。
 子供たちは兄弟げんかもせず、じっと外の景色を見ています。 いつもこんな感じであればいいのにと思いながら、景色を楽しみました。
 時間ができたら、桜のシーズンなんかに乗ってみたいと思います。

  • 2012年12月05日(水)

大阪城

アップロードファイル 297-1.jpgアップロードファイル 297-2.jpgアップロードファイル 297-3.jpg

11月の連休に家族旅行で大阪城に行ってきました。
大阪出身でありながら、今までに水上バスに乗ったことがなかったので、常々乗ってみたいと考えていました。
 かといって水上バスに乗るためだけに大阪に行くのもなと思い、べたに大阪城も見てきました。 子供たちも大阪城が初めてなので喜んでくれました。  しかし妻のほうは、大阪城の構造が、鉄筋か、鉄骨だったことを知ってなんだか複雑な気持ちだったといっていました。  これだけの規模でエレベーターも完備して素晴らしい眺望もあっても、やはりお城は木造であるべきなのか。  本物かどうかについては何とも言えませんが、現代においては致し方ないことだと思います。  そんな理系チックなことを夫婦で話しながら、場内を散策してみました。 子供たちが気に入っていたのは、武将の鎧を着ての記念撮影と、黄金の茶室でした。 
 あとタイミングが良かったのが、展望台で鷹の調教?みたいなものに出くわしました。
巣箱から出された鷹を腕に乗せ、そこから空に放していました。
 見た感じは精悍で、強そうな感じでしたが、ひとたび空に舞うと、どこからともなくカラスの群れが現れて鷹を追い回していました。  
 いろんなものが見れて、子供の時の記憶とは違う大阪城を見れて有意義な社会見学でした。

  • 2012年10月19日(金)

魚釣り

アップロードファイル 296-1.jpg

先日20年以上ぶりに、釣りに行ってきました。
近所には波止場が結構あるので、釣り糸をたれている人をよく見かけていました。
 
 たしか自分も子供のときに父親にせがんで釣りに連れて行ってもらった覚えがありました。 父親もつりが好きというわけではなかったので、会社の方で釣りが好きな人に同行してもらって朝4時ぐらいから出かけた思い出があります。 
 ちょうど釣りブームもあいまってすこしはまった時期がありましたが、子供の小遣いで道具を揃えることがかなわず、そのうち忘れ去られていました。
 時代がめぐり今度は、自分の子が興味を持ち始め釣りのおねだりにあいました。
 仕事が忙しいのにかまけて数ヶ月また今度を連発していましたが、どうにも逃れられずついに、近所の林田港に釣り糸をたらしに行きました。
 
 つりをする前に道具を一から揃えなくてはいけなかったので、釣具屋さんに行きました。
 道具がいっぱいありすぎて何から手をつけていいか分からなかったので、道具屋のお兄ちゃんにひと揃えしたいと聞いたら、そこのファミリー釣りセットを示されました。
 
 心の中で、「いやいや、ど素人やけど他に必要なものあるでしょ? 常連さんとおしゃべりも必要かもしれんけど新たにつりに興味を持ち始めたお客さんにその接客は・・・」と突っ込みしながら、手ぶらもなんなので勧めてくれたセットを買って帰りました。
 しかし、これでは足りないので、後日知り合いの歯科医の先生行きつけの釣具店に行ってみました。
 最初はぶらぶら見ていたのですが、店員さんにこんな感じで釣りをしたいと聞くと色々と説明してくれて、商品や予算なんか聞いてくれてひと揃えすることが出来ました。
 聞き方がまずかったかなと反省しつつ、釣りに行きました。

 釣果はこんな感じでした。 大物用の仕掛けなどは買っていなかったのと、子供と一緒なのである程度簡単につれるものを狙いました。
 小さいですが、かかったときの釣る感覚を久しぶりに感じて少し始めてみようかなという気になってきました。 
 しかし道具に少々お金がかかるのが気がかりです。
 
 

  • 2012年09月18日(火)

家族旅行2

アップロードファイル 295-1.jpgアップロードファイル 295-2.jpgアップロードファイル 295-3.jpg

自分の写真は、無精ひげがたくさんで、お見苦しいので小さいサイズでアップしています。

  • 2012年09月18日(火)

家族旅行

アップロードファイル 294-1.jpgアップロードファイル 294-2.jpgアップロードファイル 294-3.jpg

 この連休に家族旅行に行ってきました。
思えば昨年、慰安旅行に子供たちを同行させたのが最後だったように思います。
堺の実家に帰るのは、子供たちにとっては、じいじい、ばあばあに会いに行くためのもので、大阪で観光したりはしていませんでした。

今回は、母方の里にあるお墓参りも兼ねて、大山に行ってきました。
初日は、大山近辺の散策、ブルーベリー狩り、トムソーヤ牧場(いろんな動物と触れ合う施設)子供のリクエストにこたえていきました。
宿は、大山レークホテルという大野池のほとりにある静かな宿でした。
まず出迎えていたのが、白い大きなワンちゃんでした。  とても静かで優しい子でした。
 上のお兄ちゃんは、割と早くに触れていたのですが、下の子は怖くてなかなか触れないみたいでした。 興味はあるけど近づけなくて、みんなが触れ合っているのを見て徐々に距離を近づけていき、最後にはワンちゃんと楽しそうに触れ合っていました。 ワンちゃんの性格も良かったのか、聞くと1歳7か月とのことで、その割に落ち着いているなと感心しました。
 しかし、いつもお世話をしている方が、軽トラで近づいてくるとそわそわし始め、近くに来ると尻尾を振ってその方に飛びついていました。  飛びつくと、もともと大きいワンちゃんなので、うちの奥さんぐらいの背丈になるのにはびっくりしました。
 ホテルの周りには特に何もなく、一日目は、天気も持ってくれたため、窓から大山が見えました。  ホテルの水道は、大体飲料用ではない旨書かれていることが多いですが、ここは、飲料用なのと、とても冷たい水が出てきます。  冷たいミネラルウォーターが飲み放題みたいな感じですが、反面知覚過敏の方は、少しきついなと考えてしまいます。
 夕ご飯を食べていると、お昼寝できなかった下の子が、寝てしまい奥さんは、抱えながら食事をする始末になりました。 途中に交代しましたが、ゆっくり食事が、あわただしくなりました。

 次の日は、台風の影響で嵐状態でした。  朝から強風と横名振の雨が降っていましたが、アトラクションは昨日で終わっていましたので、のんびり朝食をとってチェックアウトまでワンちゃんとたわむれていました。  こんなワンちゃんがほしいなーと思いながら、散歩のことを考えるとしばらくペットは無理かもとあきらめました。
 そうこうしているうちに雨もまばらになって、お墓参りに出発しました。
お墓は、東城町という山深いところにあります。  お墓までは急斜面を上るので、子供たちは、下でお参りです。 区画には6つお墓があるので、結構お花を買い込んだのですが、結局真ん中のお墓にしか飾れずじまいでした。  おじいちゃん、おばあちゃんすみません。

今回のホテルは、奥さんが雑誌で見つけてきたのですが、いたせりつくせりを望む方には、向かないかもしれません。 ルームサービスもないですし、そのようなことを望むなら都会のいわゆる高級ホテルをお勧めします。
 しかし家族でのんびりするには、ほどほどにアットホームで、大山に登ったり周りを散策するにはとても居心地がよかったように思います。  ホテルには大きな暖炉もあって、冬に雪を眺めながらのんびり過ごすのもいいかもと、夫婦で話していました。  チェーンをだれがまくのかというところで、現実に戻されますが、だけど万端の準備をしてぜひまた泊まりたいと思います。
 久しぶりにいい休日を過ごせました。

  • 2012年08月09日(木)

津島神社

アップロードファイル 293-1.jpgアップロードファイル 293-2.jpgアップロードファイル 293-3.jpg

先日津島神社のお祭りに出かけました。
以前ドライブをした時に通りかかって橋の無い状態で遠くから眺めたことはありましたが、
今回は初めて橋のかかった状態で神社にお参りができました。
坂出からJRにのって臨時駅まで30分程度で到着しました。 子供の神社ということで電車内は、子供たちでいっぱいでした。
 現地につくともう人で込み始めていました。 参道には露店が店を広げ、お参りに行く前から子供たちのテンションが上がっています。  橋を渡って神社につくと初穂料を払って、お払いをしてもらいました。  ふと後ろを向くと橋の上は、参拝に行く人の列でいっぱいになっていました。  タッチの差で長蛇の列に並ばなくて済みました。 海の上を歩いているときは、風も涼しく爽快でしたが、帰る頃には少し風がきつくなっていたのと、満ち潮になっていたので磯で子供たちを遊ばせることが出来ませんでした。 しかしそんなことはお構いなく、露店で買い食いや、くじ引きを楽しんでいました。
 午前中にお参りを済ませましたが、昼から夜にかけて神社のお祭りも盛り上がるのでしょうが、朝の込み具合を見るとこれからどんなになるのか・・・。
坂出に帰ると大橋祭りの最終日の準備が始まっていました。  
 お盆は、大阪に里帰りをする予定です。  次男がもう少し大きくなったら、ディズニーとかに連れて行ってあげようかと思います。
 

  • 2012年07月17日(火)

海の日

アップロードファイル 292-1.jpg

先日の連休に有明浜に行ってきました。
スケジュール的には、午前中有明浜、午後から林田港に来ている自衛艦の見学を考えていました。
 朝自宅を出発して、有明浜に着くと結構な人でにぎわっていました。 ちょうど銭型祭りの開催準備をしていました。 イベントの一つの親子潮干狩り大会も、午後二時から開催でした。
 海水浴より夏休みの工作用に貝殻を拾いに行ったのですが、ほとんど見つからないままヤドカリやどんこ採りで時間を費やしていました。  アナウンスで潮干狩りのことを聞くと長男は、絶対参加したいとの給います。  時計を見るとまだ11時です。
何とかやめる方向に話をしてみましたが、昔と違ってごまかしは聞きませんでした。
 結局参加することにしましたが、この炎天下の中如何に時間をつぶすか・・・。
出店で食料をを調達し車に戻ってしばし休憩しを二度ほどしました。
 車を出すと次にどこに止めれるか分からないのと、サンダル履きのため機動力が出せないので、苦肉の策でした。
 何とか13時半まで時間をつぶし、いざ潮の引いて砂浜へ出陣です。
ロープが引かれ、干上がった砂浜には、係りの方たちが、一生懸命まいたであろうハマグリたちが顔を覗かせています。
 時間が刻一刻と迫ってきます。 周りからは、暑さのため早く始めようと言い出す方もいます。
 少し殺気立って来ました。  時間が来てアナウンスが始まり本当はピストルの合図があるはずなのですが、皆浜に走り出し一なし崩し的にスタートです。
 潮干狩りというよりは、蛤拾いという感じです。  元気の無い蛤は砂にもぐることもなく、ただ浜に転がっています。  息子とダッシュして、見えてるものをひたすら拾います。  ひとしきり拾い終わると次は、熊手で潮干狩りです。
 結構たくさん取れました。  たくさん取れたのはよかったですが、日焼けがひどくまだ足がひりひりして、ズボンでこすれると痛いくらいにやけてしまいました。
 おかげで自衛艦の見学ができずじまいで、少し残念な連休でした。
 子供は喜んでいましたが。

  • 2012年07月17日(火)

新人歓迎会

アップロードファイル 291-1.jpg

先日、新入社員の歓迎会をしました。
私事で多忙だったため、もっと早くにしなければいけなかったのですが、
やっと出来ました。
 新年度が始まってから、こまごまとしたことがあり、肉体的にも春先はしんどい季節です。
 新しく入社した衛生士さんも、少しずついろいろなことが出来てきてる中、疲れの色が見えているのが分かりました。
 新しい環境になじむことのしんどさを感じます。
 お知り合いの飲食店の方が、新店舗を出す前後はとても忙しくまた、疲れていらしました。  自分がこの医院をオープンさせるときは、準備にほぼ毎日3時4時までかかっていたこと、オープンしてすぐに寝込んでしまったことを思い出しました。
 新しい環境に慣れるのは困難なことですが、若さで乗り越えてもらい

いぬい歯科えり矯正歯科